topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心しては危険!「大阪市条例問題」 - 2012.01.25 Wed

「犬猫を守る大阪市民の会」さんによると、昨年末より問題となっている大阪市の「罰則付き餌やり禁止条例」について、大阪市との話し合いの中で、大阪市は「罰則付き餌やり禁止条例」は考えていない、と明言したということです。

それに対し、「犬猫救済の輪」さんは、

これは大阪市が条例化をあきらめたというよりも、餌やり自体を禁じる条例は考えていないが、餌やりのマナーに関する条例は検討しているともとることができ、心配です。

と懸念を表明しておられます。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20120125.html

その通りだと思います。
「犬猫救済の輪」さんが書いておられるように、東京都の荒川区もそうですし、同じように「罰則付き餌やり禁止条例」を制定しているといわれている大阪府箕面市でも、「環境被害を防止するための条例」と行政は説明しています。しかし、結果的には、「餌やり禁止条例」として風評被害が発生するだけでなく、行政も「餌やりをして苦情があると処罰されますよ」というように、餌やり行為そのものを制限するための道具として用いているのが現実です。

大阪市は、単に、「餌やり行為そのものを罰則付きで一律に禁止する条例については考えていない」という意味の答えをしただけのことであって、条例そのものの制定を考えていないと答えたわけではありません。「犬猫を守る大阪市民の会」さんとの話し合いでも、「市民の方に理解が得られるような、街ねこ制度を推進する為に必要なこと、いわゆる条例といえば大きくなろうかと思うが、そういった方向にもっていく検討をしていきたい」と検討を進めることをはっきりと答えているようです。

しかし、具体的にどのような条例を検討するのかについては一切答えていません。
「市民の方に理解が得られるような」といっても、どのような立場でどのような市民の理解を得るのかについては明らかでありませんし、「街ねこ制度を推進する為」といっても、「地域の合意がなければ餌やりをしてはいけない条例」や「苦情があれば餌やりを制限する」という条例でも作ろうと思えば作れてしまいます。
大阪市の回答は、いわば詭弁です。

ねこの避妊去勢手術をして、後始末や掃除などの管理をきちんとしていても、「餌をやるな」「餌をやらなければねこはいなくなる」と頭ごなしに文句を言われることが日常的に起こっています。

餌やり行為を含む、TNRや外ねこの適正な管理についての正しい知識が広められることがなく、また、所有ねこに対する適正な飼育や捨て猫防止のための啓発がされることなく、単に、個人の餌やり行為そのものに焦点を当てた条例は、どのようなものであっても、餌やり行為そのものに対する誤解を拡大し、所有者不明ねこの問題をさらに激化させ、住民間の対立を煽る可能性が極めて高くなると考えられます。

本当に「街ねこ制度」を推進するための条例であれば、適正な給餌を妨害してはならない、所有者不明ねこの問題を地域の環境問題としてとらえ、行政や住民は適正管理に協力しなければならない、という内容にするべきではないでしょうか。
スポンサーサイト

トラックバック:

http://nikukyu11.blog.fc2.com/tb.php/6-6d269455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大阪市の暴挙(?) 猫を閉じ込めて給餌を妨害 «  | BLOG TOP |  » 将来を見据えて

リンク・転載フリー

プロフィール

いりこだし#

Author:いりこだし#
FC2ブログへようこそ!

最新記事

メールはこちらから

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
餌やり禁止条例 (6)
フェンス猫 (6)
街ねこ (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。