topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット飼育者の退去「楽しみ」 床田議員 - 2013.03.23 Sat

まず、大阪市営住宅のペット禁止指針に関係して、追加情報です。

平成19年2月に「第4回 大阪市営住宅入居監理委員会」が開催され、「迷惑行為への対応方策」が議論されています。都市整備局が作成した資料には、「犬・猫等動物の飼育は、飼育そのものは迷惑行為に該当しない」と明確に記載されています。にも関わらず、「迷惑行為につながる蓋然性の高い行為であるため、かかる行為を行わないよう啓発・指導を実施する。」というように、ペット飼育そのものが迷惑行為であるかのような理論の飛躍が行われています。

迷惑行為の防止措置
第4回大阪市営住宅入居監理委員会資料(全文は次のURL)
http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseibi/cmsfiles/contents/0000012/12713/giji_004_01.pdf

そして、その年の7月以降に提出を求めることとなった「誓約書」については、任意である旨も記載されています。つまり、「誓約書」の提出は条例にも規則にも記載されていないあくまで任意のものであるということです。(暴力団員でない旨の誓約書を除く)。

これらは、都市整備局自身がペット飼育そのものが迷惑行為ではないと認識していた証拠であり、現在でも副市長や都市整備局長が市会で発言している通り、ペット飼育そのものが迷惑行為であるとは言えず、市営住宅におけるペット飼育禁止ルールなど元から存在していない恣意的な運用であるということの証拠のひとつです。

それを今、ペット飼育そのものが迷惑行為であるとして一律に禁止するように当局に圧力をかけているのが東淀川区選出の床田議員です。
発端となった昨年11月9日の市会で、改善されない迷惑行為につきましては厳しく対処していくという都市整備局坂本部長の答弁に対して、床田議員は、迷惑行為禁止ではなくてペット飼育そのものが禁止だ、話をすり替えるなと、あくまで飼育そのものを禁止するように迫っています。
床田議員は4期目だそうですが、1期目の時から、ペット飼育そのものが禁止だと主張し続けているということも発言しています。

ペット飼育によるトラブルついて原因となる入居者の是正がされない場合には、「住宅をお返ししただく」ことになるケースが2件あるという都市整備局の説明に対して、床田議員は、「2件については、改善がなければ次のステップへ行くということですんで、楽しみにしてます。」と発言しています。

退去を求められなければならないような問題が起こっている以上、おそらく、その飼い主には大きな問題があるのだろうと容易に想像がつきます。
だからといって、退去させられるとことを「楽しみにしています」などという発言が、議員からあっていいものでしょうか。全般に、ペット飼育者を敵視し続けている床田議員の思考の偏りだけでなく、議会の場で、強制退去を楽しみにしているなどと発言する議員は、その資質を欠いているとしか言えません。このような人物が十数年も市民の税金で給料をもらい、議員として生活していることが驚きです。

平成24年11月9日の市会の議事録は、大阪市会のHPの議事録からも閲覧できますし、床田議員のHPにも議事録が転載されています。
(床田議員HPに記載されている議事録)
http://www.tokoda.jp/hatsugenshu/h24/07.html
スポンサーサイト

トラックバック:

http://nikukyu11.blog.fc2.com/tb.php/29-265e322a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェンスねこ 全て保護されました «  | BLOG TOP |  » 当ブログの内容に対するいつくかのご意見について

リンク・転載フリー

プロフィール

いりこだし#

Author:いりこだし#
FC2ブログへようこそ!

最新記事

メールはこちらから

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
餌やり禁止条例 (6)
フェンス猫 (6)
街ねこ (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。