topimage

2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政が動きました - 2012.06.18 Mon

ずっとお伝えしている「フェンス猫」の問題。
問題発覚から2カ月以上が過ぎて、ようやく行政が実際に動き始めました。

6月15日の午後から、ボランティアと市職員が現地に集合して、ごみなどが散乱し不衛生であったフェンス内の大掃除をしました。猫たちの保護場所についても、行政が協力するとのことです。

現地に新しく掲示された張り紙
1206171

当日集まったのは、ボランティア7名、市職員10数名。
現地はごみなどに加えて、ねこの糞尿などの臭いが強く、清掃をしたいとボランティアから申し出たところ、建設局は「本来は行政がやるべきことなので、職員も一緒にやります」という返事で、ボランティアと市職員との協働作業として清掃が行われました。

「公園ねこサポーター」2名の任命式も行われました。実際に活動が許されるのは、任命されたサポーター2名と少なく、大阪市ではさらにサポーターを募集しています。ご協力をお願いします。
(建設局管理部管理課 06-6615-6482 ゆとりとみどり振興局緑化推進部管理課 06-6469-3822)

活動が許されるのは(行政の協力が得られるのは)公共工事が始まる秋までです。活動をするには期間があまりにも短く、もっと早く行政が動いていればという気持ちは残るものの、野良問題について、行政が公共の土地の管理責任者の立場から少しだけでも踏み出したことは、前進だと考えています。

大阪市の公共の土地では、ゆとりとみどり振興局が「公園ねこサポーター制度」を立ち上げて、市民との協働による野良ねこの適正管理事業を行っていますが、建設局や港湾局では、そのような制度は皆無です。
公共の土地でも多くの野良ねこの問題が発生しています。
今回の問題でも建設局は「公園ねこサポーター」の協力を得て期間限定で対策をするということですが、大阪市全体で、公共の土地での野良ねこ問題を考えていただきたいと思います。

現地ボランティアさんの話でも、本来、動物の問題を取り扱う健康局は全く出てこなかったそうです。健康局は、「街ねこ制度」を持っていますが、公共の土地に関しては一切、ノータッチです。
住宅地と公共の土地をねこは自由に往来しており、両方の土地で対策をしなければ、野良ねこ問題は解決に向かいません。野良ねこ問題の解決にむけては、専用の予算や人員をもつ健康局が大阪市全体の問題として取り組むべきです。今回のような問題はこれまでも繰り返し起こっていて、そのほとんどの場所では、現地のボランティアが孤独な活動を続けています。
公共の土地について関知しないという健康局の姿勢は、「野良ねこの問題は土地管理者の問題であって行政は関係がない」という担当部署としてきわめて無責任な姿勢を当の大阪市の土地にあてはめていることになります。(「街ねこ制度」も現在はストップしています。このことについては、後日、お伝えします)

清掃後のフェンス内
1206172

写真に写っている建物の奥の敷地にも大量のごみや糞などがあったそうです。

張り紙のアップ
1206173

<猫たちのことを心配してくださる方へ>
この場所の猫については、有志のボランティアが大阪市の認定を受け、避妊去勢手術、給餌、清掃、保護などの活動を行っています。むやみに餌等を与えないでください。(張り紙の文章)

糞尿混じりだった土埃もきれいに
1206174

フェンスと建物の間には土がたまり、ねこたちの糞が堆積していました。歩道沿いの場所で、悪臭が漂いとても不衛生でしたが、きれいになりました。

清掃活動に参加されたボランティアさん、市職員の方、お疲れ様でした。ありがとうございました。
スポンサーサイト

「フェンス猫」保護へ - 2012.06.13 Wed

大阪市建設局とゆとりとみどり振興局が、フェンスねこの保護に向けて動き出しました。
応援してくださった、みなさんのお力のたまものです。ありがとうございます。

ゆとりとみどり振興局では、「フェンス猫」の手術や保護のボランティア活動をしていただく「サポーター」の募集を始めました。

「我輩は公園猫 ~公園ねこの会ブログ~」より
http://inunekoosaka.blog25.fc2.com/blog-entry-39.html

秋から公共工事が始まるため、手術や保護についても急ぐ必要があります。
サポーターになるためには、公園事務所の面接や研修などの手続きが必要であり、現地ボランティアさんのお話では、なかなか条件が厳しいとのことでしたが、正式なサポーターでなくとも、保護のための物資の支援や里親募集などご協力をいただきたいとのことです。(サポーターの活動は認められるようになりましたが、行政からの補助金などは一切なく、手術代をはじめとした費用はすべてボランティアさんの自己負担です)
まだボランティアさんのブログ等が立ち上がっていませんが、その折にはこちらのブログでもご紹介いたします。

フェンス猫の未来 - 2012.06.02 Sat

大阪市西区の建設局管理地に放置された「フェンス猫」に関して、多くの方が声を届けてくださり、動いてくださっています。
大変にありがとうございます。

先日、現地のボランティアの方から、建設局が「街ねこ制度」や「公園ねこサポーター制度」を使って、「フェンス猫」の手術、譲渡に協力することを検討しているらしいとの連絡がありました。

また、「公園ねこサポーター制度」を担当する、ゆとりとみどり振興局では、隣接する公園用地での公園ねこサポーターの受付を開始するということです。

120602_1

この件について、ゆとりとみどり振興局に問い合わせましたが、具体的な手続きの状況については回答をもらえませんでした。しかし、一般的な話として「サポーターが認定されるのは公園に限るが、公園に隣接する土地の所有者や地域住民の合意があれば、野良ねこ対策として公園と一体となった活動をすることは望ましい」ということでした。
つまり、建設局さえ合意すれば、公園ねこサポーターのボランティアさんと一体となって「フェンス猫」の手術や給餌などの管理ができるということになります。(本来は建設局が自らボランティアを募集してもおかしくありません)
今後、どのような展開になるのかについては、行政から正式な連絡がないためにまだわからない状況ですが、行政も少しだけ動き始めたことは間違いがないようです。

ただし、大きな問題があります。問題の建設局の土地は、今年の秋には工事をするため、猫たちの行き場がなくなってしまうことです。仮に、建設局が猫たちの手術や世話を認めたとしても、秋までに数か月もありません。
里親探しは一つの解決方法ですが、10数匹の猫の里親さんを短期間で探すことは容易ではありません。
結局、猫が住めなくなり追い出されてしまうと、近隣住民ににとっても迷惑な野良猫問題が起こることになるし、行き場を失った猫たちがさらに不幸なことになってしまいます。

ひとつには、こういう状況になるまで問題を放置していた行政の不作為の問題があると考えます。
数人のボランティアだけに責任を押し付けて、工事をするから出て行ってくださいというのでは無責任です。
秋の工事までに行政として何ができるのか、そして、ボランティアとしてどこまでのことができるのか、考える必要があると思います。

120602_2

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク・転載フリー

プロフィール

いりこだし#

Author:いりこだし#
FC2ブログへようこそ!

最新記事

メールはこちらから

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
餌やり禁止条例 (6)
フェンス猫 (6)
街ねこ (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。