topimage

2012-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェンス猫の居場所がなくなる! - 2012.05.14 Mon

一旦は給餌・給水を封じられた大阪市建設局のフェンスの中のねこ。
フェンスの下の隙間を設置して、給餌・給水ができないようにされ、フェンスを乗り越えて餌を与えようとする人がいると、
「敷地内への侵入は犯罪です」
「ひとつの命を大切に考え、愛情と同じだけの責任をもって接してください」
と場違いな張り紙が出されました。

何者かによって、フェンスが持ち上げられ、給餌・給水をすることが再び可能となりましたが、避妊去勢をすることもできず、虐待を受けて首から血を流しているねこがいても保護することもできない状態です。

フェンスには、「どちらが無責任ですか?」という建設局の張り紙に抗議する張り紙が出され、

120513_1

「ねこの首が切られ、虐待がありました。怪しい人を見かけたら110番してください」という手書きの張り紙も貼られていました。

120513_2

しかし、これらの複数の人によると思われる張り紙は金曜日の夕方には全てはがされ、フェンスの上部にさらにフェンスが取り付けられて、囲いを高くする作業を行われました。

120513_3

高く積まれたフェンスの中で繁殖するねこ。
傷つけられても保護できないねこ。
餌やりを制限する張り紙。

異常な光景だと思います。
大阪市建設局は、あくまで給餌を制限し、避妊去勢手術も行わせないつもりなのでしょうか。
地元ボランティアさんの話によると、建設局の強硬な姿勢の陰には、今年度中にもこの場所を一旦更地にして、駐輪場にする工事の計画があるためのようです。
工事が始まると、猫たちは居場所がなくなり追い払われることになりますが、大阪市建設局はそれを待つつもりなのでしょうか。

そんなことをしても、猫たちは新たな場所で繁殖を繰り返し、不幸な猫が増えるだけです。
もうたくさんです。「小さな命を大切に考え」ることを主張する建設局が今すぐにするべきことは、一刻も早く、ボランティアと協力しながら、避妊去勢手術を施し、里親探しなどの対策をすることではないでしょうか?

120513_4
スポンサーサイト

建設局の張り紙に怒りが収まりません - 2012.05.03 Thu

前回お伝えした、大阪市建設局管理地で猫への給餌・給水が妨害された「事件」の続きです。
GW谷間の5月2日。複数の方から、「下げられたフェンスがまた高く作り直されている」「建設局の張り紙が張られている」というご連絡をいただきました。

IMG_0101.jpg

10数匹の猫たち住んでいるフェンスで囲まれた大阪市の土地。連休前日の夕方、フェンスと地面との隙間を極端に狭くされ、内側からも隙間が閉じられて、猫への給餌や給水ができないようにされてしまいました。
しかし、連休が一旦明けた現在は、短くなったフェンスの足が石の上に乗せられ、多少高さが回復しています。
猫たちのことを心配する皆様からの意見を受けて、給餌・給水ができるように建設局が直したのでしょうか。
どうやら、フェンスの上部が固定されていないなど作業が粗く、給餌の空間を作るためだけの造作であるため、誰かが勝手にやったことのようです。

そして、フェンスに掲げられた張り紙には、こう書かれています。

IMG_0097.jpg

「立入禁止
敷地内への立入は犯罪です
かわいい かわいそう だけの餌やりは無責任です!
あなたの無責任な行動が 不幸な命を生み出すことなどにつながります
ひとつの命を大切に考え、愛情と同じだけの責任をもって接してください
大阪市建設局」

何を言っているのだろう!
この場所にはいろいろな方が関わっておられますが、その中でも、避妊去勢手術や清掃、適正な給餌をしたいと申し出ているグループの要望には何も答えず、その思いを踏みにじるかのように給餌・給水を妨害した建設局の言葉とは思えません。

「ひとつの命を大切に考え」たからこそ、フェンスを乗り越えてでも餌を与えようとした人がいたのではないでしょうか?建設局が「ひとつの命を大切に考え」ているのであれば、どうして、給餌・給水を妨害するようなことをしたのでしょうか?盗人猛々しいとは、まさにこのことです!

この張り紙は、ねこたちの命を本当に大切に考え、なんとかしてあげたいと餌や水を与えている人全員を犯罪者であるかのように喧伝する悪質なネガティブキャンペーンです。

フェンスの中にガラス瓶を投げ入れるような人もおり、割れたガラスの破片の中を猫が行き来しています。

R0019809.jpg

給水用の容器に立小便をしていく人もいます。
最近では、首を刃物のようなもので切られ、血を流した子猫がいましたが、フェンスの奥の建物の陰に隠れてしまい、それ以降、姿を見せません。
私たちは、フェンスの中の割れたガラス瓶を片付けることも、安全な水を与えることも、怪我をした子猫を探すこともできません。

フェンスの中には、生後3か月は過ぎていると思われる子猫もいて、早く譲渡しなければ大きくなってからでは難しくなります。

IMG_015.jpg

何より、早く避妊去勢手術をしなければ、新たな不幸な命が生まれてしまうことになります。

そういうまっとうな要望をするボランティアの声は無視、せめて命をつなぐために餌や水を与える人は犯罪者扱いをする。そんな建設局に対して、怒りが収まりません!

張り紙に書いてあるように、本当に建設局が「ひとつの命を大切に考え」ているのであれば、建設局は、繁殖防止のための避妊去勢手術や譲渡活動、適正な給餌・給水に協力するべきです!責任をもって接しろというのであれば、それが可能な状況を提供するべきです。

行政は、苦情の声があればすぐに餌やりを規制する看板を立てます。しかし、適切に餌を与えて命を守りたいという要望は、何件あっても一切答えようとしません。これは、不平等であり、問題をさらに悪化させるだけです。
今回のケースは、動物愛護を装っている点でさらに悪質です。

公園では、昨年から「公園ねこサポーター制度」ができました。そのため、適正な餌やりやサポーターを呼びかける看板が立っている公園がいくつかあるそうです。
餌を与える場合のルールを示し、ルールを守って活動するサポーターを募集する。それが本当に「ひとつの命を大切に考え」ることではないのでしょうか。(下の写真は、市内の公園に立てらている看板です)

R0019865.jpg

フェンスの中で繁殖するねこたちを放置し、給餌や給水を妨害した上に、餌や水を与える人を犯罪者扱いする建設局の対応は、本当に「ひとつの命を大切に考え」ている行為なのでしょうか!
命を本当に大切にしようと考えている人たちの声を建設局はいつまで無視し、妨害するのでしょうか。苦情は1件でもあれば対応するのに、命を守りたいという声は何件あれば対応してくれるのでしょうか。
みなさんはどのようにお考えですか?
みなさんのご意見を建設局にお伝えください。

大阪市 市民の声
https://sc.city.osaka.lg.jp/mail/opinion.cgi

大阪市建設局河川課
電話:06-6615-6833 FAX:06-6615-6583


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク・転載フリー

プロフィール

いりこだし#

Author:いりこだし#
FC2ブログへようこそ!

最新記事

メールはこちらから

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
餌やり禁止条例 (6)
フェンス猫 (6)
街ねこ (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。